ここもチェックしておきたい!賃貸住宅の初期費用

敷金は何ヵ月分が必要?

賃貸物件の中には、敷金が必要なものも多くあります。初期費用はできるだけ抑えたいものであり、敷金は0であれば嬉しいと思ってしまうものです。しかし、敷金0であったがために後から困ってしまうこともあります。

敷金とは、その物件を貸してくれる大家さんに入居中預けておくお金のことになります。一か月あたりの家賃に対して何ヵ月分という形で記載されるのですが、だいたい一ヶ月から二ヶ月程度が相場でもあります。

もしも自分が毎月決められた日に家賃を支払えなかったという場合には、この敷金から使ってもらうことになります。また、その賃貸物件を出た後に、設備が壊れていたり壁や柱を異常に汚していたという場合には、修理費用として使われることになります。余った分は返金されることになるので、そのまま自分の手元に戻ってくることもあります。いきなり高額な修理費用が請求されて困ったというトラブルもないので、安心のための保険と思うといいでしょう。

礼金や仲介手数料は何ヵ月分が必要?

大家さんに預けておく敷金とは違って、礼金や仲介手数料は何があっても戻ってくることはありません。

礼金は、その賃貸物件を自分に貸してくれる大家さんへのお礼として支払うものであり、仲介手数料の場合には不動産業者にお礼として支払うことになります。仲介手数料の場合には、最大でも一ヶ月の家賃の金額を上限としているため、最大の一ヶ月分としていることが多いケースです。しかし、礼金は上限が設定されていません。

菊水の賃貸の契約を結ぶには、ある程度の元手が必要となりますが、優良な不動産会社のサポートを得ることで、住み心地の良い物件を選べます。