ガスがない家って!?オール電化住宅を借りるメリット

光熱費が安くなる?!オール電化住宅のしくみ

賃貸物件を探していると、物件設備の欄に時折「オール電化住宅」と書かれているものを目にします。オール電化住宅とは、キッチンもお風呂のお湯も、全て電気でまかなう家を指します。

ガスなしで生活できるの?と不思議に思うかもしれませんが、仕組みは簡単です。キッチンはIHクッキングヒーターを使用し、給湯設備は深夜の電気代が安い時間帯にまとめて沸かしたお湯を、大型の保温タンクに貯めておくシステムなのです。

都市ガスのない地域に引っ越すときは、プロパンガスの料金が気になるところですよね。都市ガスからプロパンの家に引っ越したら、ガス代が2倍近くなった…!という経験をされた方もいらっしゃるでしょう。

その点オール電化の家に住めば、ガス代もガスの基本料金もかからないので、光熱費の節約に有効な選択肢です。

安全性と、災害への強さ

オール電化住宅のメリットは、どんなものがあるでしょうか。

一つは安全性です。キッチンで直火のコンロを使わないため、ガスに比べ料理中の着火事故が起こりにくくなります。また、室内へのガス漏れや、換気不足による一酸化炭素中毒の危険も防げます。

もう一つの利点は、災害への強さです。大きな地震が起こったとき、大抵はガスよりも電気の方が早く復旧します。さらに、貯水タンクにお湯が貯めてあるので、断水していてもタンク内のお湯を洗い物やトイレ用の水として使うことができます。ただし、飲用水としては不向きなので、ミネラルウォーターなど飲み水を用意しておく必要があります。

千歳の賃貸は空港へ程近く、都心へもアクセスが良いので通勤、通学に適しています。緑もあり子育てにも相応しいエリアと言えます。