一概に日照良好が良い条件とは限らない!?南や南西向き物件の強過ぎる日照対策とは?

確かに日照時間が長ければ長い程明るくはなるが…

誰もが憧れる南向き・日照良好のマンションやアパート物件。忙しい中にも常に明るい雰囲気が保たれ、自然と気分も上向きになってくれる日照豊かな明るい部屋は、多くの人が好感を持ちその様な条件をメインに最初は物件探しを始める事でしょう。特に寒く日照時間が短くなる冬場はこの様な条件が大変有難いもの。ただ日照時間が長ければ長い程、また日照が強ければ強い程に生じるデメリットもあり、そういったマイナス面を考慮し総合的な判断を行わないと失敗してしまうのです。

家具やインテリアの日焼け対策が必須に…

強い日照が長時間に渡り部屋の中に注ぎ込みがちとなる南向き、あるいは南西向きの物件の場合、日照が差しこむルート上に位置している家具やインテリアがいずれ日焼けを起こし、色褪せや材質劣化を引き起こしてしまうリスクが高まります。またそれを知らずにキャスター付きハンガーを配置していた場合、そこに収納していた衣類さえ短時間で日焼け・色褪せを起こしてしまい、使い物にならなくなってしまうケースもあるのです。ですからこの様な条件の物件では窓やサッシからの日焼け対策が必要で、幾重もの遮光カーテンが必須となるのです。

夏場を中心とした温度上昇への対策も

日照条件に優れた南向きから南西向きの部屋は、強い日照への対策に加え、それによって引き起こされる部屋内の温度急上昇への対策も必要となるでしょう。特に夏場の午後から夕方にかけてはこういった現象が起こり易く、温まった部屋内の空気を上手く外に逃がせる様十分な通気の確保やエアコンの稼働を行わなければなりません。リビングが比較的狭い、あるいは通気を確保出来る窓やサッシの面積が少ない間取りだと、温度の上昇傾向も激しくなりますから余計にシビアな対策が求められます。

いろんなお部屋情報が載っている賃貸サイト。間取りを眺めて、家具の配置を考えたり想像を膨らませているだけでも楽しめます。