いざというときのために知っておきたい!住宅ローンが払えなくなったときの対処法

住宅ローンが払えなくなったときの解決策は?

「病気や怪我で仕事をすることができなくなった」、「会社の業績が悪化してリストラされてしまった」などの理由で住宅ローンをこれ以上払い続けることができなることがあります。住宅ローンの支払いができなくなると、任意売却、リスケジューリング、競売などの手段が取られることになります。

任意売却とは、マイホームを売却して、その代金を住宅ローンの返済に充てることをいいます。リスケジューリングとは、住宅ローンの借入を行っている金融機関と相談して、月々の返済額を減額してもらったり、返済期間を延長してもらったりすることです。そして、競売は住宅ローンが払えなくなったときの最終手段と言われています。住宅ローンを借りるときには家屋に抵当権が設定されており、返済が滞ると債権者からの申し立てにより、裁判所により競売が行われることになります。

任意売却のメリットとは?

任意売却のメリットは、競売にかけられたときよりも、マイホームを高く売ることができる可能性が高いことです。競売には、一般の人なら誰でも参加することが可能ですが、実際に入札を行うのはほとんどがプロの不動産会社ばかりです。また、「内覧ができない」「瑕疵担保責任が追求できない」など、買う人にとってのデメリットが大きいため、高く売るのが難しくなっています。その点、任意売却は自由に買い手を見つけることができるため、少しでも高く売りたい場合には任意売却を選択することが大切になります。

また、マイホームを引き渡す時期などを含めて売却交渉できるので、新生活の予定を立てやすくなるのもメリットです。

任意売却とは、債権者に抵当権や差押えを解除してもらい不動産を売却することで、住宅ローンや固定資産税が支払えない時に行われます。